利用規約

G-LIVEサービス条項

G-LIVEサービス条項(以下「本規約」といいます。)には、お客様が株式会社Merucias(以下「G-LIVE」といいます。)の提供するG-LIVEサービス(1.(2)において定義します。)の提供を受けるにあたって適用される条件や手続が明記されていますので、よくお読み頂いたうえで、G-LIVEサービスをご利用下さい。

用語の定義

G-LIVE APP

G-LIVE又はG-LIVEが指定する第三者が開発、運用又は管理するソフトウェア(G-LIVE APP)及びウェブサイト(https://g-live-stream.com/)をいいます。

G-LIVEサービス

G-LIVEがG-LIVE APPを通じて提供するオンラインライブ配信、オンライン動画配信、オンラインショッピング等のネットワークサービスの一切を総称していいます。

ライバー(LIVER)

G-LIVEサービスを利用して、オンラインライブ配信、オンライン動画配信、オンラインショッピング等を行う者をいいます。

公式ライバー(LIVER)

ライバーのうち、G-LIVE又はその指定する者との間にオンラインライブ配信を行う旨の契約を締結した者をいいます。

オーディエンス

G-LIVEサービスを利用して、ライバーの行うオンラインライブ配信、オンライン動画配信、オンラインショッピング等を視聴する者をいう。

お客様

オーディエンスとライバーなど、運営関係者以外を総称したものをいいます。

G-LIVEグループ

G-LIVE及びその関係会社の総称をいいます。

PRIMO(プリモ)

ライバーがライブ配信によるパフォーマンスの対価として受け取るギフトを総称していいます。

利用条件

G-LIVEサービスの提供対象者は、満12歳以上の方のみです。

お客様が未成年者である場合、G-LIVEサービスの利用を一部制限する場合があります。

前2号の定めにかかわらず、法定代理人の許可その他当社所定の手続を経ることで、G-LIVEサービスの一部を利用することができます。

18歳未満のライバーは、22時以降翌朝5時までの間、G-LIVEサービスを通じて、配信を行うことはできません。

お客様が未成年者の場合で、当社所定の条件に反し、若しくは当社所定の手続を経ずにG-LIVEサービスを利用していたことが発覚した場合、G-LIVEは、G-LIVEサービスの全部又は一部の提供を拒否することがあります。

アカウント登録したお客様が、G-LIVEサービスにおいて本規約が表示される画面を経由の上、G-LIVEサービスの利用を開始した場合、お客様は、本規約に同意したものとみなされ、本規約にしたがってG-LIVEサービスを利用頂くことになります。

前各項に定めるほか、G-LIVEサービスの利用を申し込まれるお客様は、G-LIVE所定の手続にて利用申込を行い、G-LIVEが当該利用申込を承認した場合に、G-LIVEサービスの利用を開始することができます。お客様が虚偽の事項を届け出たことが判明した場合又はG-LIVEが不適当と判断した場合には、当該利用申込を承諾しないことがあります。

G-LIVEは、G-LIVEの裁量に基づき、お客様に対し、いつでも追加情報の提供依頼を行うことができるものとし、お客様は必要な情報を提供するものとします。お客様はG-LIVEに提供した情報の正確性と最新性を維持する必要があります。

G-LIVEは、独自にお客様がG-LIVEサービスを通じて提供した情報の真偽を確認することができるものとしますが、当該確認の義務は負うものではありません。

G-LIVEアカウント登録等

お客様は、G-LIVEサービスの利用に当たって、G-LIVEサービスの利用に係るソフトウェア及びウェブサイトと接続するためのスマートフォン、コンピュータ等の端末機器を、ご自身の責任と負担で、準備する必要があります。当該端末機器においてソフトウェアが起動され又はウェブサイトにログインされた場合には、お客様自身がソフトウェアを起動またはウェブサイトにログインの上、G-LIVEサービスを利用したとみなされます。

端末機器をインターネットに接続させるために機器の利用に必要となる通信料、接続料等の料金は、お客様のご負担となります。

G-LIVEサービスを利用するに当たって、お客様は、G-LIVE又はその指定する者が管理するサービスソフトウェア、サービスウェブサイトを経由して、G-LIVEをダウンロード及びインストールし、アカウント登録及びログインしなければなりません。G-LIVEの承認しないサービスソフトウェア、サービスウェブサイトを経由した場合、G-LIVEは、いかなる責任も負うことができません。

G-LIVEサービスを利用するに当たって、お客様は、G-LIVEの定める方式によって、文字の組合せを選択し、ご自身のアカウントを作成しなくてはなりません。また、お客様ご自身の責任で、他人に盗用等されない安全なパスワードを設定する必要があります。お客様が設定したアカウント、パスワードを用いてG-LIVEサービスが利用された場合、お客様ご自身がG-LIVEサービスを利用したものとみなされます。

お客様は、ご自身の責任で、自分のアカウント及びパスワードを大切に保管するものとし、アカウントを盗まれた場合及びパスワードを失念又は紛失した場合、お客様ご自身が責任を負うこととなります。悪意のある他人からの攻撃(ハッキング等)があった場合のほか、お客様自身の責めに帰すべき事由がある場合、その他不可抗力よってお客様のアカウントが盜用された場合においても、同様とします。

万が一、他人が、不正にお客様のアカウントを使用していることを発見した場合のほか、お客様がG-LIVEサービスの安全な利用を害するおそれのある事態を把握した場合、直ちに、その旨をG-LIVEに通知していただくようお願いします。当社所定の方法により、アカウント又はパスワードの利用を再開することができる場合があります。但し、G-LIVEは、お客様に対して、アカウント又はパスワードの利用再開を保証するものではありません。

お客様は、G-LIVE及びアカウントの利用者となる者の事前の承諾を得ることなく、ご自身が利用する以外の目的で、アカウントを作成することができません。

お客様は、G-LIVEサービス利用のためにのみ使用できるアカウント以外に、G-LIVE以外が運営又は管理するソフトウェア又はプラットフォーム(但し、G-LIVEが認めたものに限るものとし、以下、「別プラットフォーム」といいます。)で使用するアカウントを用いて、G-LIVEサービスを利用することができます。ただし、当該別プラットフォームが許諾している場合に限定されます。この場合、お客様は、G-LIVEに対して、当該別プラットフォーム所定の方式により、アカウント登録を完了していることを保証するものとします。G-LIVEは、別プラットフォームでのアカウント設定について、一切責任を負うことはできません。

お客様が法人名義のアカウントを作成してG-LIVEサービスの利用を開始する場合、お客様は、当該法人を代表して契約を締結し、当該法人からG-LIVEサービスの利用を開始する権限を付与されていることを、G-LIVEに対し、保証します。

お客様がアカウントを作成する場合、アカウント名、プロフィール画像及びプロフィール表示に表示された内容において、G-LIVEサービスの利用に適用される関係諸法令に違反する表示を行ってはならず、第三者の権利を侵害する表示を行ってはならず、当社を含むおそれのある表示を行ってはならないものとします。

お客様は、アカウント登録を1回だけ行うことができ、G-LIVEの承諾を得ることなく、2つ以上のアカウントを登録をしてはならないものとします。G-LIVEは、お客様が提出された登録情報に対し審査を行う権利を有するものとします。また、お客様は、G-LIVEが本規約又は個別の契約に基づいてお客様のアカウントを停止した場合、G-LIVEの書面による事前承諾を得ることなく、別のアカウントを作成してはなりません。

お客様の設定したアカウントは、G-LIVEの所有に帰属するものとし、お客様は、当該アカウントを使用する権限のみを有するものとします。G-LIVEは、お客様が設定したアカウントについて審査する権利を有し、当該アカウントを用いてG-LIVEサービスを利用することを拒否することができるものとします。

お客様のアカウントは、設定登録をしたお客様本人のみが使用できるものとし、G-LIVEの書面による事前承諾のない限り、いかなる形でも、他人に対して、譲渡、贈与、賃貸、その他の方式により、当該アカウントの使用を許可してはなりません。

お客様は、自ら設定し、若しくは、他人が設定したアカウント、パスワード、その他のログイン情報を共有するなど、アカウント等の安全性を脅かすおそれのある行為を行ってはなりません。また、お客様は、G-LIVEサービスを利用する他人のログイン情報を覗き見るなど、他人のG-LIVEサービスに係るアカウントの安全性を脅かすようないかなる行為も行ってはなりません。

G-LIVEは、自由な裁量によって、G-LIVEサービスの内容を変更し、G-LIVEサービスの提供のために必要となる仕様等の変更(ソフトウェアの修正、アップグレード、機能の強化、新サービスの開発、ソフトウェアの交換等が含まれますが、これに限定されません。)を行うことができるものとします。お客様がG-LIVEサービスの利用を継続する場合、変更されたソフトウェア等への更新をご自身で行ってください。更新等を行わない場合、G-LIVEサービスの全部又は一部の利用制限を受けることがあります。

G-LIVEは、仕様等の変更を行う場合、ウェブサイトでの公表、アプリでのメッセージ送信等の適切な方法により、変更内容をお客様に知らせることとします。

お客様は、 G-LIVEの書面による事前承諾がない限り、いかなる形でもG-LIVEサービス、G-LIVE APP、これらに係るソフトウェア及びウェブサイトについて、調査、解析、改変、複製、逆コンパイル、リバースエンジニアリング、その他G-LIVEに関連して使用されるサーバやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用してG-LIVEサービスを不正に操作する行為、G-LIVEサービスに関連するシステムの不具合を意図的に利用する行為、若しくは、これらのいずれかに該当する行為を援助又は助長する行為をしてはなりません。

お客様は、アカウントの登録後、1年以上継続してアカウントにログインしなかった場合、G-LIVEの裁量によって、ベイビーコインを失効させたうえで、お客様のアカウントを停止又は削除することができるものとします。

お客様は、G-LIVE に対して、G-LIVEサービスを利用するに当たってG-LIVEに提供した登録情報が真実であることを保証し、アカウントの設定、パスワードの設定、プロフィール表示の内容、G-LIVEサービスの利用方法について、一切の責任を負うものとし、G-LIVE及び第三者に対して何らの迷惑をかけないことを保証します。

PRIMO(プリモ)共有体制(利益共有体制)

公式ライバーが獲得したPRIMO(プリモ)は、G-LIVEとの契約内容に基づき、G-LIVE又はG-LIVEが指定した者から支払われます。

ライバーのうち、公式ライバー以外のライバーのPRIMO(プリモ)は、お客様によるアカウントの寄与度(お客様がG-LIVEサービスにおいてライブ放送、コメント、写真投稿、動画を配信した場合の人気度等G-LIVEが定め、ライバーに通知した基準によって定められるものをいいます。)により、G-LIVEから支払われます。お客様のアカウントのPRIMO(プリモ)累計額が100米ドルに達していない場合には、PRIMO(プリモ)を受け取ることができない場合があります。また、PRIMO(プリモ)の支払方法は、銀行振込(手数料はお客様負担)その他当社の承認する方法によってのみ行われるものとし、支払日は、月1回とします。

G-LIVEは、PRIMO(プリモ)の計算方法を決定する権利を有します。また、G-LIVEは、いつでも通知を行うことなく、PRIMO(プリモ)の計算方法を修正する権利を有するものとします。お客様がログインしてG-LIVEサービスを利用した場合、お客様は、G-LIVEがPRIMO(プリモ)の計算及びこれを支給するすべての権利を有することに同意したものとみなされます。

単一サービスの特殊な約定

お客様はG-LIVEがG-LIVEサービスを提供するにあたって、自由な裁量によって、第三者の管理するソフトウェア、プログラムを組み込んでG-LIVEサービスを提供することができるものとします。この場合、本規約のみならず、当該第三者の定める規約を遵守しなくてはなりません。

G-LIVEは、G-LIVEサービスにおいて、自由な裁量及び方式にて、リンクを掲載するなどして、G-LIVEサービス以外のサービスを取り扱い、取り扱うサービスの内容を変更し、若しくは、特定のサービスの取扱いの全部又は一部を中止することができるものとします。

G-LIVE APPに掲載されたG-LIVEサービス以外のサービスについては、そのサービス又はG-LIVEサービスを利用するために、G-LIVE APPの仕様環境とは異なるプロトコル又は利用条件が定められる場合があります。G-LIVEは、当該プロトコル等について、当社の定めた合理的な方法により、お客様に対して情報提供を行うものとします。お客様が当該サービスの利用を開始した場合、お客様は、当該サービスを当該プロトコル等に従って利用することに同意したものとみなされます。

G-LIVEが提供するサービス以外のサービスにより生じた損害又は損失並びに苦情、紛争等については、お客様と当該サービスの提供者との間において解決するものとし、G-LIVEは、いかなる責任も負いません。

広告

G-LIVEは、G-LIVEサービスにおいて、その自由な裁量により、G-LIVE又はその承認する第三者の提供する商品又はサービスにつき、広告、販売促進又はプロモーションすることができるものとします。また、G-LIVEは、G-LIVEサービスにおいて、その自由な裁量により、G-LIVE又はその指定する第三者によって、ニュースの提供、その他の情報提供を行うことができるものとします。

G-LIVEは、第三者が提供する商品又はサービスについて広告を行うにあたり、当該広告について、当社所定の基準により、調査を実施するものとします。ただし、広告された商品又はサービスの内容等にかかわる責任は、当該サービスの提供者にあり、サービスについての質問や苦情等は、サービスの提供者にして頂く必要があります。G-LIVEは、法令で別段の定めがある場合を除き、広告された商品又はサービスの性能、信頼性、安全性等について責任を負うものではありません。

お客様は、G-LIVEサービスにおいて、ご自身の責任と負担で、関係諸法令にしたがい、特定の商品又はサービスに対する意見、その他ご自身の体験結果をコメントすることができます。ただし、お客様の意見、体験結果のコメント内容により、他人に間違った判断をさせた場合には、当該お客様自身が法的責任を負うものとし、質問や苦情等の対応をしていただく必要があります。

免責事項

お客様は、G-LIVEサービスを利用するにあたっては、自らの責任に基づいて利用を行うものとし、G-LIVEは、法令で定められる場合を除き、G-LIVEサービスの利用に際して生じたお客さまの損害(他のお客様の行為に起因して生じた損害を含む。)について、一切の責任(直接的、間接的、付随的、特別的、派生的あるいは懲罰的な賠償責任を含む。)を負わないこととします。

G-LIVEは、G-LIVEサービスに事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、有用性、特定の目的への適合性、お客様から配信、投稿又は提供された情報の保存、セキュリティなどに関する完全性、エラーやバグの不存在、権利侵害の防止などを含む。)がないことを、明示的にも黙示的にも保証するものではありません。G-LIVEは、お客様に対して、かかる瑕疵を除去してG-LIVEサービスを提供する法的義務を負うものでもありませんが、G-LIVEは、できうる限り最大限の努力を尽くしてお客様にサービスを提供し、G-LIVEサービスの一貫性及び安全性の確保に努めるものとします。

お客様は、G-LIVEサービス及びG-LIVEがサービス提供時における技術及び条件を踏まえたG-LIVEの自由な裁量によって、サービスを現状有姿にて提供するものであることを理解し、同意します。( G-LIVEは、本規約に基づいて、本規約又は法令に違反するコンテンツを処理する権利を有するものではありますが、当該権利は、G-LIVEサービス提供後のお客様の利用行為によって配信されたコンテンツについて、G-LIVEが即時に違法行為を発見し、対処することを保証し、若しくは、G-LIVEの違反コンテンツに対処する法的義務を構成するものではありません。

G-LIVEは、G-LIVEサービスに関して、お客様同士又は第三者との間で発生した一切のトラブルについて、関知することはできません。これらのトラブルについては、当事者間で話し合っていただく必要があります。お客様がG-LIVEサービス利用にあたって、第三者に損害を与えた場合、お客様ご自身の責任と負担において、その損害を賠償するなどの措置を講じていただく必要があります。

G-LIVEは、ギフトの購入に関連して、クレジットカードの盗難、不正利用について何らの責任も負わないものとします。お客様は、各クレジットカード会社への照会やクレジットカード使用履歴を参照することを通じて、クレジットカードの適正な管理及び使用を厳守するようにしてください。また、G-LIVEは、クレジットカードの不正利用のおそれがあると判断した場合、当該クレジットカードにかかわるアカウントについて、G-LIVEサービスの提供を制限する場合があります。

お客様は、お客様がG-LIVEサービスを利用するにあたって適用される法令等に基づき、お客様に要求される許可、認可、承認、届出、報告その他の手続の要否を判断し、必要な手続を実施して頂く必要があります。G-LIVEは、責任を負うことができません。

G-LIVEサービスの利用に際しての源泉徴収の要否、その他公租公課の納付の要否については、お客様の責任と負担において行っていただくものとし、G-LIVEは、何ら責任を負わないものとします。但し、G-LIVEがお客様のG-LIVEサービスの利用との関係で、源泉徴収手続その他の公租公課の支払いを行う必要がある場合、お客様は、これに必要な範囲で、協力するものとします。

G-LIVEは、G-LIVEサービスの提供について、お客様に対し、何らの責任(お客様に生じた利益損失、その他の派生的、特別的、間接的若しくは付随的な損害を含みます。)について、何らの責任を負うものではありません。但し、お客様が消費者契約法に定める消費者である場合、G-LIVEは、故意又は重大な過失がある場合に限り、発生した損害を賠償するものとします。

契約違反の処理

お客様が、本規約又は法令に違反した場合、又は違反する虞があるとG-LIVEグループが判断した場合、G-LIVEは、G-LIVEサービスの全部或いは一部を終了する措置(事前警告、コンテンツ投稿の停止、投稿済みコンテンツの削除、アカウントの一部若しくは全部の機能の制限などの措置を含む。)を講じると伴に、法令に基づく救済措置を講じる権利及び当該処理の結果を公表する権利を有するものとします。

前号に定める場合、G-LIVEは、G-LIVEサービスの全部或いは一部を終了する措置を講じた後においても、お客様の状況により、G-LIVEサービスの全部又は一部の利用を回復させるかどうかを決定できるものとします。

G-LIVEサービスの利用に当たって、権利侵害、犯罪、その他法律や法規に違反する行為があった場合又は違反する虞があるとG-LIVEグループが判断した場合、G-LIVEは、法令上可能な範囲において、これに関連する情報を記録及び保存し、また法令に基づいて主務官庁及びその指定したネットワークコンテンツ保護機関に通報し、主務官庁の調査に協力するものとします。

本規約又は法令に違反した場合、又は、違反するおそれがあるとG-LIVEグループが判断した場合、削除したお客様のコンテンツについて、G-LIVEは復元しません。

本規約又は法令に違反した場合、又は、違反するおそれがあるとG-LIVEグループが判断した場合で、G-LIVEがお客様のアカウントを停止又は削除したときにおいては、お客様のアカウント内の情報、購入済みのギフト及びロイヤルティは、すべて失効するものとします。

お客様が、お客様同士又は第三者との間で苦情、訴訟、賠償請求が生じた場合、お客様ご自身で、すべての法的責任を負うものとし、G-LIVEグループ又はその承継会社に何らの迷惑をかけないものとします。万が一、お客様と第三者との間で起きた苦情、訴訟、賠償請求等によりG-LIVEグループ又はその承継会社に損害を与えた場合、お客様は、当該損害を賠償する必要があります。

お客様が、法令、又は本規約に違反したことにより苦情、訴訟、及び損害賠償請求が生じた場合、当該お客様自身で全ての法的責任を負わなければならないものとします。お客様が、法令又は本規約に違反したことにより、G-LIVEグループまたは、その承継会社が第三者に損害賠償した場合、或いは国家機関から処罰を受けた場合、お客様は、G-LIVEグループまたは、その承継会社が被った全ての損害(営業信用や名誉の損失、罰金、訴訟費用、弁護士費用等の全ての経済的損失を含むものとします。)について、全額賠償しなければなりません。

G-LIVEサービスの変更、中断及び終了

G-LIVEグループは、G-LIVE及びG-LIVEサービスに関して、改名、ドメイン名の変更及び追加その他の変更を行うことができるものとします。

G-LIVEは、自由な裁量によって、予め公表した後、お客様に対する補償なく、G-LIVEサービス及びG-LIVE APPを修正、変更、中断、中止又は終了することができるものとします。

G-LIVEは、G-LIVE APPやG-LIVEサービスの健全な管理運営などの経営上の目的を達成するため、あらかじめお客様に通知や補償を行うことなく、お客様が投稿したコンテンツの全部又は一部を削除、修正又はブロックする権利を留保するものとします。

G-LIVEは、G-LIVEサービス又はG-LIVE APPの定期又は臨時のメンテナンスや更新、修復、その他通信設備の故障等により、お客様に対する補償なく、自由な裁量により、G-LIVEサービスを停止する場合があります。この場合、お客様が投稿や掲載したコンテンツが滅失、紛失等される場合があります。G-LIVEは、滅失等の事態を把握した場合、適宜の方法により、お客様に対して通知を行うものとします。

お客様は、G-LIVEサービスの利用にあたって、適用される法令を遵守する必要があります。G-LIVEは、コンプライアンスの維持を図るため、国内外を問わず、G-LIVEサービスの内容を法律上制限する定めがある場合、G-LIVEサービスの全部あるいは一部を中止又は制限する場合があります。お客様は、G-LIVEサービスを利用する国又は地域の定めにしたがい、必要に応じて、G-LIVEサービスの利用を中止してください。

権利義務譲渡

G-LIVEの事前の書面による承諾を得ることなく、お客様は、本規約に基づく法律上の地位又は権利義務の全部または一部、を第三者に対し、譲渡し、若しくは担保に供し、又は引き受けさせてはならないものとします。お客様がG-LIVEの事前の書面による承諾を得ることなく行ったこれらの行為は、全て無効とします。

G-LIVEは、お客様の承諾を得ることなく、本規約に基づく法律上の地位又は権利義務の全部または一部を、第三者に譲渡し、若しくは、担保に供し、又は引き受けさせることができるものとします。

本規約条項の効力の分離可能性

本規約のいずれかの規定が法令と抵触した場合、或いは執行できない場合、当該規定を削除しても本規約の目的に影響を及ぼさない限り、当該規定を本規約から削除するにとどめ、本規約条項のその他の規定の効力には影響を及ぼさないものとします。

G-LIVEサービスの提供者及び本規約の改正

お客様は、G-LIVEがその運営の必要性によって、自由な裁量により、お客様に対する通知を要することなく、G-LIVEの指定する第三者に対し、G-LIVEサービスの全部若しくは一部を、承継し、継続して運営させることができるものとします。

G-LIVEグループ及び承継会社は、いつでも本規約及びG-LIVEサービスの内容を改正することができるものとします。この場合、G-LIVEグループ及び承継会社は、G-LIVE APPによる通知機能、ウェブサイトでの公表等の方法により、お客様に改正内容を通知又は公表するものとします。

お客様が変更された本規約又はG-LIVEサービスの内容に同意できない場合、G-LIVEサービスの利用を中止してください。お客様が本規約又はG-LIVEサービス内容変更後、G-LIVEサービスの利用を継続した場合、お客様は、変更された本規約に同意したものとみなされます。

秘密保持

お客様は、G-LIVEサービスの利用に際して、G-LIVE又はその指定する者がお客様に提供又は開示したG-LIVEの技術上、営業上の情報その他一切の情報について、G-LIVEの事前の書面による承諾のない限り、G-LIVEサービスの利用期間中はもちろん、利用終了後においても、第三者に漏らしてはならず、また自ら使用してはならないものとします。

反社会的勢力の排除

本規約の定めいかんにかかわらず、G-LIVEサービスのすべての利用者は、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団、暴力団員又は暴力団準構成員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これに準ずる団体又は個人)に該当するものであってはなりません。

G-LIVEサービスのすべての利用者は、反社会的勢力又は反社会的勢力と密接な交友関係にある者と次のいずれかに該当する関係を有するものであってはなりません。

  1. 反社会的勢力等によってその経営を支配される関係
  2. 反社会的勢力等がその経営に実質的に関与している関係
  3. 反社会的勢力等に対して資金等を提供し又は便宜を供与するなどの関係
  4. その他反社会的勢力等との社会的に非難されるべき関係

G-LIVEサービスのすべての利用者は、G-LIVEサービスの利用いかんにかかわらず、次の各号に該当する行為を一切行ってはなりません。

  1. 暴力的な要求行為
  2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
  3. 取引に関して脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
  4. 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し又は相手方の業務を妨害する行為
  5. その他前第1号乃至第4号に準ずる行為

G-LIVEは、お客様が前3項のいずれかに違反した場合、お客様に対する補償なく、G-LIVEサービスの利用を停止できるものとします。

その他

本規約並びにG-LIVEサービスの利用及びアクセスについては、日本法を準拠法とします。

本規約又は本サービスに起因する又は関連する紛争は、訴額に応じ、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

本規約に対してご不明点がございましたら、G-LIVEカスタマーサービスまでご連絡ください。

カスタマーサービス:support@g-live-stream.com

G-LIVEユーザー規約

G-LIVEユーザー規約(以下「ユーザー規約」といいます)には、お客様が株式会社Merucias(以下「G-LIVE」といいます。)の提供するG-LIVEサービス(1.(2)において定義します。)を利用するにあたっての規範が明記されていますので、よくお読み頂いたうえで、G-LIVEサービスをご利用下さい。なお、ユーザー規約の定めは、別に定めるG-LIVEサービス条項の定めその他本件規約(1.(4)において定義します。)の適用を排除するものではないので、ご注意下さい。

用語の定義

G-LIVE APP

G-LIVE又はG-LIVEが指定する第三者が開発、運用又は管理するソフトウェア(G-LIVE APP)及びウェブサイト(https://g-live-stream.com/)をいいます。

G-LIVEサービス

G-LIVEがG-LIVE APPを通じて提供するオンラインライブ配信、オンライン動画配信、オンラインショッピング等のネットワークサービスの一切を総称していいます。

G-LIVEグループ

G-LIVE及びその関係会社の総称をいいます。

PRIMO(プリモ)

当社の指定するコンテンツ(デジタルアイテムを含みます。)を使用するためのポイントをいいます。

G-LIVE 会員は、PRIMO を当社の定める方法により使用することで、当社の定める範囲のコンテンツの使用権を取得することができるものとします。PRIMO は当社の指定するサービス内でのみ使用することができます。

G-LIVE 会員は、当社が特に認めた場合を除き、PRIMO 及びコンテンツの使用権を他の G-LIVE 会員その他第三者に使用させ、または貸与、譲渡、売買、質入等をすることはできないものとします。

G-LIVE 会員は、当社が特に認めた場合を除き、PRIMO の払戻し、または PRIMO と当社の指定するコンテンツ以外のコンテンツとの交換を求めることはできないものとします。

G-LIVE 会員が退会等により本サービスの利用資格を喪失した場合は、未使用分のPRIMO も消滅するものとします。

本件規約

本サービス条項、G-LIVEユーザー規約、プライバシーポリシー、知的財産権ポリシー、その他G-LIVE がG-LIVEサービスの提供に関連して作成した規約の一切を総称したものをいいます。なお、お客様が当社との間にG-LIVEに関して何らかの合意をしている場合、当該行為も含まれるものとします。また、変更があった場合、変更内容が含まれるものとする。

ユーザー規約等の適用

アカウント登録したお客様が、G-LIVEサービスにおいてユーザー規約その他本件規約が表示される画面を経由の上、G-LIVEサービスの利用を開始した場合、お客様は、本件規約のすべてに同意したものとみなされ、本件規約にしたがってG-LIVEサービスを利用頂くことになります。そのため、本件規約の熟読をお願いします。

ユーザーの行動規範

お客様は、自らの責任とご負担で、G-LIVEサービスを利用していただく必要があります。法律に定めのある場合又はG-LIVEの事前の書面による許可を得ない限り、以下に記載された事項のほか、当社を含む第三者の権利や利益を棄損し、若しくは、G-LIVEサービスの運営に支障を生じるおそれがあるとG-LIVEが判断する行為を行なってはなりません。

G-LIVEの書面による承諾を得ていないプラグインプログラム、プラグイン、システムの利用によって、G-LIVEやG-LIVEに付帯するサービス又はソフトウェア・ウェブサイトの正常な稼働に影響を与えるおそれのある行為。

G-LIVEサービスを利用してコンピュータネットワークセキュリティに危害を与える行為(下記に定める事由に該当するおそれがあるものとG-LIVEグループが判断する場合をみますが、これに限られません。)。なお、本号において「他人」は、 G-LIVEグループ及び第三者を含むものとします。

他人の管理又は利用するネットワークに不正侵入し、他人のネットワークの正常な機能を妨害し、もしくは他人のネットワークにかかる情報の不正入手・不正利用、その他他人のネットワークセキュリティに危害を与える行為。

他人の管理又は利用するネットワークへ侵入し、ネットワークの正常な機能又は保護措置を妨害し、若しくは、ネットワークセキュリティに危害を与えるプログラムやツールを利用又は提供する行為並びにこられのいずれかを助長する行為(技術的サポート、情報提供、検証、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、ウィルスを感染させる行為を含むがこれに限らない。)。

他人の管理又は利用するコンピュータネットワーク、サーバー、アカウント又はTCP/IPデータパケットに不正にアクセスする行為、若しくは、これらのいずれか保存された情報を削除、修正、追加するなどの編集行為。

前各号に定めるほか、G-LIVEサービスの利用や運用にあたって適用される関係諸法令(法律、条例、政令、規則、ガイドラインを含む。)、本件規約等に違反する行為。

他人の権利又は利益を侵害する他の行為。

お客様は、手段又は方法を問わず、自ら又は第三者を通じて、G-LIVEグループ又は第三者に対し、本件規約に違反する行為を要求し、特定の者に対して特殊な待遇を与える旨を要求し、又は、社会通念上不当な要求を行ってはならず、これらの要求行為に協力、激励、共同、代理等の助長行為も行ってはなりません。

お客様は、手段又は方法を問わず、G-LIVEグループの社員又は第三者の名誉を棄損し、誹謗又は中傷を行い、第三者の生命、身体、財産を侵害し、その他第三者の生活の平穏を害する行為を行ってはならない。

お客様は、G-LIVEサービス及びこれに関連してG-LIVEグループが行う催事、イベント又は活動の円滑な実施を妨害せず、この妨害行為に協力、激励、共同、代理してはなりません。

情報コンテンツの規範

お客様は、自らの責任と負担で、G-LIVEサービスに投稿するコンテンツを選定し、関係諸法令及び社会規範を遵守して、G-LIVEサービスを利用しなくてはなりません。

お客様は、下記に定める情報、内容又は行動等を内容とするコンテンツ及びこれに準じるコンテンツであるとG-LIVEが判断するものを配信してはならないものとします。

  • 喫煙(電子タバコその他これに類する装置の利用を含む。)。
  • 虚偽(合理的な資料に基づかない場合を含む。)又は歪曲された事実を公表するもの。
  • 卑猥な表現又はわいせつな行為を含む情報並びに第三者の承諾を得ることなく第三者の容貌又は肢体等を撮影したもの(盗撮等)。
  • 社会通念上相当の範囲を超えて、交際を求め、若しくはこれに応じ、又は交際に関する情報を媒介する行為。
  • 特定個人又は特定団体に対して差別、偏見、憎悪、嫌がらせ又は権利侵害となりまたはこれらを助長する行為。
  • 過度に政治的内容を含み、若しくは、特定の政治的信条の発信のみを目的とするもの(テロリストの活動を助長する場合を含む。)。
  • 暴力的又は残虐な表現を含む情報(自傷行為を含む。)
  • G-LIVEを含む第三者の知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権(著作権法27条及び28条に定める者を含む。)を含む。)、肖像権、プライバシー権、パブリシティー権、名誉権、信用その他の権利又は正当な利益を侵害する情報。
  • コンピューター・ウイルスその他有害なコンピュータ・プログラムを含む情報( G-LIVEサービスのバグ、誤作動等を利用するもの及びネットワークセキュリティに危害を与えるものを含む。)。
  • 当社を含む第三者の個人情報、営業情報、私生活にかかわる情報(住所、電話番号、メールアドレス、ID、パスワード、アカウント情報を含む。)を漏えいするもの又は入手使用するもの。
  • G-LIVEの承諾を得ることなく行う売買、オークション、金銭の支払要求並びに、 特定の商品又はサービスの広告、宣伝を目的とした情報公開、その他勧誘を目的とする行為。
  • G-LIVEが承諾した範囲又は方法を超えて配信者を特定できない形で配信するもの並びに第三者になりすまして行う配信。
  • 本件規約に反する情報。
  • 個人の生活上の平穏を害する情報(G-LIVEを含む他人を侮辱し、威嚇し、又は脅威を与えるもの並びにG-LIVEを含む第三者に対して金銭的な要求をする場合を含む。を含む。)。
  • 法令に違反する行為又は犯罪行為し、若しくは犯罪行為を助長に関連する行為。
  • 国家又は社会の秩序を乱す内容や、その安定性を破壊するような内容。
  • 公序良俗又は社会規範に反する情報。
  • 前各号に定める情報に関連するサイトのリンクの貼付その他ソフトウェア等を入手するための情報提供(広告メール、チェーンメールを含む。)。
  • 前各号に準じる行為、前各号に定める情報の発信を助長する行為。
  • G-LIVEグループが相当と認めない情報。

お客様は、G-LIVEサービスを利用して、性サービスを提供し、法令上取引が禁止されている不正商品又はサービスの取引を行ってはなりません。不正商品には、薬物の販売、海賊版商品、拳銃、タバコ、酒、動物等も含まれるものとします。

お客様は、G-LIVEグループが承諾をした商品又はサービス若しくはG-LIVEグループが公式に提携している商品又はサービスを除き、G-LIVEサービスを利用して、特定の製品又はサービスを販売したり、宣伝したりすることはできません。

お客様は、G-LIVEサービスを通じて、G-LIVEサービスのユーザーに対し、第三者の管理する動画配信サービス利用へ勧誘又は誘導を行ってはならず、G-LIVEサービス又は第三者の管理するサービスを通じて、G-LIVEグループ が行うG-LIVEサービスへの勧誘を妨げる行為又はG-LIVEサービスの離脱を促す行為を行ってはなりません。

お客様は、ユーザー規約で配信が禁止されたコンテンツを、G-LIVEサービスに付帯するサービスを通じて第三者に対して提供等してはならず、若しくは、ユーザー規約の定めを潜脱する態様で第三者に提供してはなりません。

禁止行為

お客様は、自らの責任と負担で、G-LIVEサービス及びこれに付帯するサービスを利用することとし、G-LIVEグループを含む第三者の正当な利益を侵害してはなりません。

お客様は、G-LIVEサービス及びこれに付帯するサービスに関し、コンピュータのワーム、コンピュータウィルス又はスパイソフトウェアの提供、その他G-LIVEグループの想定する動作に影響を与える何らの行為も行ってはならないものとします。

お客様は、G-LIVEグループの書面による承諾を得ることなく、G-LIVEサービスの機能を改変、修正若しくは変更してはならず、G-LIVEサービスの内容に依拠又は模倣して、G-LIVEサービスと同一又は類似のサービスを開発又は提供してはなりません。また、これらの行為を目的としてG-LIVEサービスを利用し、若しくは、G-LIVEサービスにかかる情報を入手し、検証してはならないものとします。

お客様は、G-LIVEサービスの他のユーザーの使用を妨害する何らの行為も行ってはならず、第三者をして、この行為を行わせてはなりません。

お客様は、本件規約に違反するおそれのある行為を行ってはならず、第三者をして、この行為を行わせてはなりません。

G-LIVEグループは、自由な裁量によって、当社を含む第三者の権利又は利益を保護し、又は、G-LIVEサービスの円滑な運営を目的として、お客様のG-LIVEの利用状況を調査し、若しくは、第三者に対し、報告を求めることができるものとします。ただし、G-LIVEグループは、お客様に対して、調査義務や報告聴取義務を負うものではありません。

前各号に定めるほか、G-LIVEの書面による承諾を得ることなく、自ら又は第三者を介して、G-LIVEサービス又はこれに付帯するサービスに掲載されたコンテンツに関し、商業利用であるか私的利用であるかを問わず、次の行為を行ってはならないものとします。

サービスに利用されるロゴ、サービス名称、インターフェイスに表示される一切の画像(スクリーンショットされた画像を含む。)又は情報の複製。

複製、要約、転載又は頒布する行為その他一切の利用行為。

サービスの利用者、閲覧者その他G-LIVEサービスの利用にかかわる情報を入手する行為(トラフィック分析ツールの利用その他第三者の提供するサービスを用いて入手する場合を含む。)。

G-LIVEの書面による承諾を得た場合であっても、お客様は、G-LIVEサービス及びこれに付帯するサービスに掲載された情報について、自らの責任と負担で、次の事項を遵守していただく必要があります。

G-LIVEが情報利用を承諾した場合であっても、その利用範囲及び方法にしたがっていただく必要があり、取得、統計、獲得した関連の人気検索ワード、命中率、分類、検索量、クリック率、閲覧量その他当社が指定した情報については、第三者に提供、開示してはならないものとします。

第三者への情報提供を許諾した場合であっても、お客様は、第三者の行為を自らの行為とみなし、第三者の行為によって、G-LIVEグループに損害を与えた場合、G-LIVEグループに発生した損害(合理的な範囲の弁護士費用を含む。)の全てを賠償して頂く必要があります。また、提供先となる第三者に対して書面により、本件規約と同等以上の義務を課していただく必要があります。

G-LIVEサービス及びこれに付帯するサービスを掲載することについて、G-LIVEの承諾する範囲及び方法に従っていただく必要があります。

G-LIVEグループに関連する情報について第三者の不正利用を防ぐための一切の安全措置を講じて頂く必要があります。

免責事項

お客様は、G-LIVEサービスを利用するにあたっては、自らの責任に基づいて利用を行うものとし、G-LIVEは、法令で定められる場合を除き、G-LIVEサービスの利用に際して生じたお客さまの損害(他のお客様の行為に起因して生じた損害を含む。)について、一切の責任(直接的、間接的、付随的、特別的、派生的あるいは懲罰的な賠償責任を含む。)を負わないこととします。

G-LIVEは、G-LIVEサービスに事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、有用性、特定の目的への適合性、お客様から配信、投稿又は提供された情報の保存、セキュリティなどに関する完全性、エラーやバグの不存在、権利侵害の防止などを含む。)がないことを、明示的にも黙示的にも保証するものではありません。G-LIVEは、お客様に対して、かかる瑕疵を除去してG-LIVEサービスを提供する法的義務を負うものでもありませんが、G-LIVEは、できうる限り最大限の努力を尽くしてお客様にサービスを提供し、G-LIVEサービスの一貫性及び安全性の確保に努めるものとします。

お客様は、G-LIVEサービス提供時における技術及び条件を踏まえたG-LIVEの自由な裁量によって、サービスを現状有姿にて提供するものであることを理解し、同意します。( G-LIVEは、本件規約に基づいて、本件規約又は法令に違反するコンテンツを処理する権利を有するものではありますが、当該権利は、G-LIVEサービス提供後のお客様の利用行為によって配信されたコンテンツについて、G-LIVEが即時に違法行為を発見し、対処することを保証し、若しくは、G-LIVEの違反コンテンツに対処する法的義務を構成するものではありません。

G-LIVEは、G-LIVEサービスに関して、お客様同士又は第三者との間で発生した一切のトラブルについて、関知することはできません。これらのトラブルについては、当事者間で話し合っていただく必要があります。お客様がG-LIVEサービス利用にあたって、第三者に損害を与えた場合、お客様ご自身の責任と負担において、その損害を賠償するなどの措置を講じていただく必要があります。

お客様は、お客様がG-LIVEサービスを利用するにあたって適用される法令等に基づき、お客様に要求される許可、認可、承認、届出、報告その他の手続の要否を判断し、必要な手続を実施して頂く必要があります。G-LIVEは、責任を負うことができません。

G-LIVEは、G-LIVEサービスの提供について、お客様に対し、何らの責任(お客様に生じた利益損失、その他の派生的、特別的、間接的若しくは付随的な損害を含みます。)について、何らの責任を負うものではありません。但し、お客様が消費者契約法に定める消費者である場合、G-LIVEは、故意又は重大な過失がある場合に限り、発生した損害を賠償するものとします。

契約違反の処理

お客様が、本件規約又は法令に違反した場合、又は違反する虞があるとG-LIVEグループが判断した場合、G-LIVEは、G-LIVEサービスの全部或いは一部を終了する措置(事前警告、コンテンツ投稿の停止、投稿済みコンテンツの削除、アカウントの一部若しくは全部の機能の制限などの措置を含む。)を講じると伴に、法令に基づく救済措置を講じる権利及び当該処理の結果を公表する権利を有するものとします。

前号に定める場合、G-LIVEは、G-LIVEサービスの全部或いは一部を終了する措置を講じた後においても、お客様の状況により、G-LIVEサービスの全部又は一部の利用を回復させるかどうかを決定できるものとします。

本件規約又は法令に違反した場合、又は、違反するおそれがあるとG-LIVEグループが判断した場合で、G-LIVEがお客様のアカウントを停止又は削除したときにおいては、お客様のアカウント内の情報、ベイビーコイン及びロイヤルティは、すべて失効するものとします。

お客様が、お客様同士又は第三者との間で苦情、訴訟、賠償請求が生じた場合、お客様ご自身で、すべての法的責任を負うものとし、G-LIVEグループ又はその承継会社に何らの迷惑をかけないものとします。万が一、お客様と第三者との間で起きた苦情、訴訟、賠償請求等によりG-LIVEグループ又はその承継会社に損害を与えた場合、お客様は、当該損害を賠償する必要があります。

お客様が、法令、又は本件規約に違反したことにより苦情、訴訟、及び損害賠償請求が生じた場合、当該お客様自身で全ての法的責任を負わなければならないものとします。お客様が、法令又は本件規約に違反したことにより、G-LIVEグループまたは、その承継会社が第三者に損害賠償した場合、或いは国家機関から処罰を受けた場合、お客様は、G-LIVEグループまたは、その承継会社が被った全ての損害(営業信用や名誉の損失、罰金、訴訟費用、弁護士費用等の全ての経済的損失を含むものとします。)について、全額賠償しなければなりません。

G-LIVEサービスの変更、中断及び終了

G-LIVEグループは、G-LIVEサービスに関して、改名、ドメイン名の変更及び追加その他の変更を行うことができるものとします。

G-LIVEは、自由な裁量によって、予め公表した後、お客様に対する補償なく、G-LIVEサービスを修正、変更、中断、中止又は終了することができるものとします。

G-LIVEは、G-LIVEサービスの健全な管理運営などの経営上の目的を達成するため、あらかじめお客様に通知や補償を行うことなく、お客様が投稿したコンテンツの全部又は一部を削除、修正又はブロックする権利を留保するものとします。

G-LIVEは、G-LIVEサービスの定期又は臨時のメンテナンスや更新、修復、その他通信設備の故障等により、お客様に対する補償なく、自由な裁量により、G-LIVEサービスを停止する場合があります。この場合、お客様が投稿や掲載したコンテンツが滅失、紛失等される場合があります。G-LIVEは、滅失等の事態を把握した場合、適宜の方法により、お客様に対して通知を行うものとします。

お客様は、G-LIVEサービスの利用にあたって、適用される法令を遵守する必要があります。G-LIVEは、コンプライアンスの維持を図るため、国内外を問わず、G-LIVEサービスの内容を法律上制限する定めがある場合、G-LIVEサービスの全部あるいは一部を中止又は制限する場合があります。お客様は、G-LIVEサービスを利用する国又は地域の定めにしたがい、必要に応じて、G-LIVEサービスの利用を中止してください。

権利義務譲渡

G-LIVEの事前の書面による承諾を得ることなく、お客様は、本件規約に基づく法律上の地位又は権利義務の全部または一部を、第三者に対し、譲渡し、若しくは担保に供し、又は引き受けさせてはならないものとします。お客様がG-LIVEの事前の書面による承諾を得ることなく行ったこれらの行為は、全て無効とします。

G-LIVEは、お客様の承諾を得ることなく、本件規約に基づく法律上の地位又は権利義務の全部または一部を、第三者に譲渡し、若しくは、担保に供し、又は引き受けさせることができるものとします。

本件規約条項の効力の分離可能性

本件規約のいずれかの規定が法令と抵触した場合、或いは執行できない場合、当該規定を削除しても本件規約の目的に影響を及ぼさない限り、当該規定を本件規約から削除するにとどめ、本件規約条項のその他の規定の効力には影響を及ぼさないものとします。

G-LIVEサービスの提供者及び本件規約の改正

お客様は、G-LIVEがその運営の必要性によって、自由な裁量により、お客様に対する通知を要することなく、G-LIVEの指定する第三者に対し、G-LIVEサービスの全部若しくは一部を、承継し、継続して運営させることができるものとします。

G-LIVEグループ及び承継会社は、いつでも本件規約及びG-LIVEサービスの内容を改正することができるものとします。この場合、G-LIVEグループ及び承継会社は、G-LIVE APPによる通知機能、ウェブサイトでの公表等の方法により、お客様に改正内容を通知又は公表するものとします。

お客様が変更された本件規約又はG-LIVEサービスの内容に同意できない場合、G-LIVEサービスの利用を中止してください。お客様が本件規約又はG-LIVEサービス内容変更後、G-LIVEサービスの利用を継続した場合、お客様は、変更された本件規約に同意したものとみなされます。

秘密保持

お客様は、G-LIVEサービスの利用に際して、G-LIVE又はその指定する者がお客様に提供又は開示したG-LIVEの技術上、営業上の情報その他一切の情報について、G-LIVEの事前の書面による承諾のない限り、G-LIVEサービスの利用期間中はもちろん、利用終了後においても、第三者に漏らしてはならず、また自ら使用してはならないものとします。

その他

本件規約並びにG-LIVEサービスの利用及びアクセスについては、日本法を準拠法とします。

本件規約又は本サービスに起因する又は関連する紛争は、訴額に応じ、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

お客様が変更された本件規約又はG-LIVEサービスの内容に同意できない場合、G-LIVEサービスの利用を中止してください。お客様が本件規約又はG-LIVEサービス内容変更後、G-LIVEサービスの利用を継続した場合、お客様は、変更された本件規約に同意したものとみなされます。

本規約に対してご不明点がございましたら、G-LIVEカスタマーサービスまでご連絡ください。

カスタマーサービス:support@g-live-stream.com